/

この記事は会員限定です

新時代の歌舞伎を探して 松本幸四郎さん

人間発見

[有料会員限定]
コロナ禍の日本で「図夢(ずぅむ)歌舞伎」というエンターテインメントが生まれた。オンライン会議などで使われる「Zoom」に発想を得た配信向けの歌舞伎だ。松本幸四郎さんはこれを主導する一人だ。昨年夏に「忠臣蔵」を発表、現在は新作「弥次喜多」を、アマゾンプライムビデオでレンタル配信している。

新型コロナウイルスの影響で歌舞伎は昨年3月から本格的に公演自粛に入りました。歌舞伎座(東京・中央)は8月に再開しま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン