/

この記事は会員限定です

日本の男女平等指数116位 「多様性のレンズ」持とう

米シティグループ多様性担当役員 エリカ・アイリッシュ・ブラウン氏

[有料会員限定]

世界経済フォーラム(WEF)が発表した2022年のジェンダーギャップ指数では、日本は146カ国中116位にとどまった。主要先進国のなかで最下位グループが定位置となり、経済分野の指数も低い。多様性戦略に取り組むポイントについて、米銀シティグループの担当役員でチーフDE&Iオフィサーのエリカ・アイリッシュ・ブラウン氏に聞いた。

――日本は賃金や管理職比率などの男女格差が開いたままです。

「男女平等は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン