/

この記事は会員限定です

伝統産業、オンラインで売り込め 斎藤峰明氏

シーナリーインターナショナル社長

[有料会員限定]

新型コロナウイルス流行の影響で、ビデオ会議システム「Zoom」のようなオンラインツールが社会に広く浸透した。このような時こそ、日本の伝統産業である焼き物や漆器などの商品を国内外の消費者に直接売り込むチャンスだと考えている。

従来、伝統産業の作り手が製品を届けるには問屋が国内外で大規模展示会にブースを開き、百貨店や専門店にアピールするなど、多くの仲介者が必要だった。コロナ禍で展示会が相次ぎ中止となり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン