/

この記事は会員限定です

レナウン・島忠…相次ぐM&A 雇用条件、個人が交渉も

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症対策や経営力強化のためのM&A(合併・買収)が目立っている。移籍する従業員にとっては、M&Aの手法の違いで、雇用や労働条件の扱いが変わってくる。なかでも事業譲渡の場合、移籍先企業と従業員個人の間で新たに交渉が必要になることは、あまり知られていない。処遇に大きく関わるだけに注意が必要だ。

M&Aの手法によって労働条件の維持に大差

2020年5月に経営破綻したレナウン。破産開始の決定前に2件のM&Aがあった。シンプル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン