/

この記事は会員限定です

「震災10年」で終わらない 「農」で福島取り戻す

農業法人「紅梅夢ファーム」社長・佐藤良一さん

[有料会員限定]
東日本大震災から10年。農業法人「紅梅夢ファーム」(福島県南相馬市)社長の佐藤良一さん(67)は、住民や農業者の大半が戻らない同市小高区で、米作りなどの営農再開をけん引してきた。自らも9代続く農家。その取り組みは、かつての古里を取り戻す挑戦にほかならない。

小高区は太平洋と阿武隈山系の山々に囲まれた温暖な地域で、水稲やシイタケの栽培で知られます。震災では高さ10メートルの津波が襲い、消防団員として避...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5789文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン