/

この記事は会員限定です

線路も夏バテするのか 猛暑とレールのフシギ

鉄道の達人 鉄道ジャーナリスト 梅原淳

[有料会員限定]

前回の本欄「鉄道の達人」で紹介した冷房装置は、鉄道にとって夏の風物詩だ。今回取り上げるレールも実は夏とかかわりが深い。

レールは年中使用されているのになぜ?と思った人も多いだろう。ならば次のようなニュースを見聞きしたことはないだろうか。「暑さでレールが伸びて列車が立ち往生」と。

鋼鉄製のレールは表面の温度が上がると熱膨張が発生して長さが伸びる。よく用いられている長さ25メートルのレールの場合、気温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン