/

この記事は会員限定です

コロナ禍で義理チョコ終焉!? 変わる「愛」の贈り方

(更新) [有料会員限定]

もうすぐ2月14日のバレンタインデー。コロナ禍で「愛」の贈り方もこれまでとは一変しそうだ。直接会えない相手に渡すサービスが広がる一方で、この数年、縮小傾向にあった「義理チョコ」は今年、その存在すら危ぶまれている。

「毎年バレンタインが近づくと、仕事などで会う人に贈っていた。今年はそもそも会う予定がないので、手渡しすることはなさそう」。30代の会社員の女性はこう話す。人に会う機会が少ない今年は、「非...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン