/

この記事は会員限定です

育児負担、女性への偏り正せるか 男性の育休推進義務化

編集委員 中村奈都子

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

男性の育児参加を促す「改正育児・介護休業法」が2022年度中にも施行される。企業は今後、対象となる社員に育休取得の意向を確認する義務を負う。現状では職場や上司の理解が進んでおらず、本人も周囲への遠慮などから取得を断念する例が多い。だが、いつまでも「家事・育児は女性の役割」「男性は仕事最優先」といった感覚を引きずっていては、企業も個人も日本社会も大きな損失を被る可能性がある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン