/

この記事は会員限定です

豆畑で憤死? 哲学者ピタゴラス、謎につつまれた死

人生100年の羅針盤・ゴールの流儀

[有料会員限定]

晩節を全うするにはどうしたらいいのか。偉人や賢人の最期を描き、人生後半の生き方を考えるコラム「ゴールの流儀」。今回は哲学者のピタゴラスを取り上げます。

「三平方の定理」で知られるピタゴラス(紀元前572年~同494年ごろ)は、かなり奇妙な人物で、その死に方からして謎に包まれている。

ディオゲネス・ラエルティオスという哲学史家が3世紀に書いた「ギリシア哲学者列伝(下)」(岩波文庫)には、ピタゴラスの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1672文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン