/

この記事は会員限定です

昆虫食の可能性広げる 高崎経済大・環境データサイエンス研究室

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

データサイエンス・食糧危機とコオロギ

高崎経済大学の環境データサイエンス研究室がコオロギを使った食品を次々と送り出している。教授と学生、海外企業の社長のわずか3人で立ち上げたベンチャーが商品開発から販売まで手掛ける。2020年からは「Pasco」ブランドで知られる敷島製パン(名古屋市)とのコラボ商品の販売も始めた。

データサイエンスとコオロギがどうつながるのか。

同研究室は、環境悪化の因果関係を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン