/

この記事は会員限定です

女性蔑視発言で見えたこと 権力集団の均質性保持志向 

詩人・社会学者 水無田気流

[有料会員限定]

森喜朗前東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の「女性蔑視」発言から辞任に至る騒動は、改めてこの国のダイバーシティーをめぐる課題を浮き彫りにした。

海外メディアは日本社会の女性差別を象徴する発言として報道した。一方、国内報道は当初反応が分かれた。新聞はおおむね批判的だったが、テレビのワイドショー番組などでは「高齢だから仕方ない」「功績は評価すべきだ」などの意見も散見した。

経済界からの反応もまちま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン