/

トヨタ、3年ぶり対面での入社式 「楽しんで仕事を」

トヨタ自動車は1日、愛知県豊田市内の本社で入社式を開いた。オンラインではなく、対面中心で開催する入社式は3年ぶり。1日付で1104人が入社した。豊田章男社長は「人は喜々としてやっている人のところに集まる。どんなことでも楽しんで仕事をしてほしい」と新入社員を激励した。

豊田市内の本社内のホールに新入社員約1000人を集めて開催した。入社式では、2021年に脱炭素化の実現に向けて水素エンジン車で参戦したレースの映像を披露した。豊田氏は「すべてをEV(電気自動車)にしないといけないとの声もあるが、少し違うと思う。トヨタは世界中のお客様に選択肢を残しながらカーボンニュートラルを実現する」と語り、挑戦や仲間作りの重要性を訴えた。

トヨタは2020年は新型コロナウイルス感染拡大もあり入社式を中止し、21年はオンライン形式で開催していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン