/

この記事は会員限定です

名古屋・覚王山マンション開発、テークアウト店呼び込み

中部不動産の断面図(上)

[有料会員限定]

地価調査(公示地価、2022年1月1日時点)によると、名古屋市の商業地が2年ぶりに上昇に転じた。市内で進むマンション開発が、長引く新型コロナウイルス禍を背景に持ち帰り店を周りに呼び込んでいる。名古屋駅前の高層ビルには新顔のシステム開発会社が集まる。地価を反転に導いた街の新陳代謝を探った。

参拝者がそぞろ歩き、喫茶店やスイーツの店が軒を並べる日泰寺(千種区)の参道。3月初めに少し趣が違う店が開いた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン