/

この記事は会員限定です

FUJI、中国の工作機械生産8割増 中部8社の5月受注2倍

[有料会員限定]

中部の工作機械メーカーが相次ぎ中国での増産に動く。FUJIは2023年めどに江蘇省で生産能力を8割引き上げ、ヤマザキマザックも増強を計画している。中国では新型コロナウイルス禍からいち早く生産活動が回復しており、中部経済産業局が30日発表した管内主要8社による5月の工作機械受注額は中国向けが1年前の2倍強となった。

FUJIは江蘇省の昆山工場に延べ床面積1万5千平方メートル規模の施設2棟を新たに設け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン