/

中部最大の産業用ロボット展 愛知で開幕

愛知県国際展示場(愛知県常滑市)で30日、生産や物流といった産業用ロボットの中部最大の展示会「ロボットテクノロジージャパン 2022」が開幕した。2020年に予定されていたが新型コロナウイルスの流行を受けて中止され、初の開催となった。200以上の企業・団体が出展、需要が増えている省人化につながるロボットをはじめ自動化技術を披露した。

7月2日までの3日間の予定で、ファナック安川電機川崎重工業など大手ロボメーカーが参加している。中部で開かれる産業用ロボットの展示会としては最大で、国内でも3月に東京で開かれた国際ロボット展に次ぐ規模となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン