/

この記事は会員限定です

名古屋市、パロマ瑞穂で接種開始 高齢者予約は1%どまり

[有料会員限定]

名古屋市は1日、パロマ瑞穂スタジアムで米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場を開設した。原則65歳以上で名古屋市在住の高齢者を接種対象としており、予約率は約1%にとどまった。予約枠が埋まらないため、急きょ保育士や名古屋商工会議所の会員らをかき集めて対応した。

1日に接種を受ける1440人のうち、700人が保育士、300人が名商の会員企業で、本来接種を想定していた65歳以上の高齢者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン