/

この記事は会員限定です

中部空港埋め立て、国が漁業補償で合意 第2滑走路に弾み

[有料会員限定]

河川から名古屋港に流れ込む土砂を中部国際空港(愛知県常滑市)沖に埋め立てる国の計画について、漁業の影響を考慮した補償交渉がまとまったことが29日、わかった。愛知、三重県内の漁業者と国の出先機関である国土交通省中部地方整備局の間で合意したと、愛知県と国が明らかにした。地元自治体や中部経済界が埋め立て地を活用して中部空港に第2滑走路を整備する構想を後押ししており、計画の前進につながりそうだ。

愛知の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン