/

大垣共立銀系と名南M&A、新興支援ファンド設立

大垣共立銀行はOKBキャピタル(岐阜県大垣市)と東海地域でM&A(合併・買収)仲介を手掛ける名南M&Aと共同でベンチャーファンドを7月29日付で立ち上げた。出資総額は3億円。1社あたり1000万~3000万円を出資し、2032年まで10数社支援することを目指す。東海地方を中心とするスタートアップ企業に投資し、地域の経済活性化につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン