/

この記事は会員限定です

トヨタ系ソフト会社、スタートアップに830億円 CASEで

[有料会員限定]

トヨタ自動車傘下のソフトウエア開発子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングス(HD)は29日、CASE(つながる、自動運転、シェアリング、電動化)の最先端技術を持つスタートアップを対象に8億㌦(約830億円)を投資する方針を明らかにした。自社開発にこだわらず、幅広い技術やノウハウを外部から取り入れ「移動」を軸に成長を目指す。

同日、オンラインイベントを開き、自動運転やソフトウエア基盤といった先進技術を生か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り757文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン