/

名古屋大学が奨学金2倍 博士学生に年173万円、返済不要

think!多様な観点からニュースを考える

名古屋大学は29日、大学院の学生への奨学金を拡充すると発表した。2022年度から年3億円を予算に計上し、国の補助金も確保する。博士課程では、授業料の減免や生活費の支援を含めた年間の奨学金を、平均で従来比2倍の173万円に引き上げる。奨学金は返済の必要がない。高度な専門知識や研究能力を身に付けられる博士課程への進学を経済的理由からためらう学生が多い現状を打破する。

29日に記者会見した杉山直学長は「日本の社会変革のため、問題解決能力の高い博士人材の活用が必須だ。経済的負担を気にせず、博士課程に進学してもらいたい」と話した。

大学院では前期が修士、後期がいわゆる博士課程。経済的支援の必要が小さい社会人学生や休学者を除けば名大院の修士課程には3600人、博士課程に1400人の学生がいる。国立の名大は学部、修士、博士課程の授業料は一律で年間53万円。

従来は博士課程の学生のうち、主に経済的理由で4割の学生が授業料の減免を受けていたが、主に成績優秀者を対象に加え、9割に引き上げる。月10万円の生活費支援も優秀な学生向けに実施する。博士課程の学生1人当たりの授業料や生活費の支援額は従来の年間82万円から173万円と大幅に増える。修士課程の学生にも支援を実施する。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン