/

この記事は会員限定です

自動運転、1人で複数車監視 トヨタ系やドコモ連携

[有料会員限定]

NTTドコモなどは29日、中部国際空港(愛知県常滑市)で自動運転バスの実証実験を公開した。運転手が乗車せず空港内の監視室で運行を確認する。一定条件下で無人で走れる自動運転の「レベル4」に相当し、将来は1人の監視員が複数台の自動運転車を同時に監視する運用を目指す。トヨタ自動車グループの愛知製鋼トヨタ紡織も実験に加わり、車両の誘導や監視員の居眠り防止技術を提供。自動運転の基幹システムは群馬大が開発した。

乗客が旅客機から降りた後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン