/

この記事は会員限定です

ブリ養殖に新しい波 三重の尾鷲物産、1万トンに挑む

[有料会員限定]

水産物販売の尾鷲物産(三重県尾鷲市)が鮮魚養殖を拡大している。卸会社から1次産業にさかのぼるかたちで養殖を始め、主力のブリは自社養殖などで現在年間7500トン(150万尾)を販売。愛媛県の養殖会社の買収などをテコに早ければ5年後をメドにブリ販売量を1万トンに増やす考えだ。衰退の続く地域の水産ビジネスの成長例として注目されつつある。

同社は1950年代に開業した地元のスーパー「主婦の店 尾鷲」が母体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン