/

この記事は会員限定です

愛知知事、ワクチン保管設備を調査 県民の接種へ準備

[有料会員限定]

愛知県の大村秀章知事は日本経済新聞社のインタビューに応じ、2021年以降に見込まれる新型コロナウイルスの県民へのワクチン接種に向け、県内でのワクチン保管に必要となる設備について調査をしていることを明かした。足元では感染拡大が続いているが、状況に応じて感染者向け病床の積み増しも検討する。政府が掲げる脱炭素化の流れも県内の水素ステーションといったインフラ整備で後押しする。

――県内では新型コロナの感染...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン