/

名古屋市とグランパス、メダルかじりで延期の協定締結

名古屋市とサッカーJ1名古屋グランパスは28日、地域活性化を目指す包括連携協定を29日に結ぶと発表した。選手による小学校訪問を通して子どもたちがスポーツと触れ合う機会を増やす。当初は8月に締結が予定されていたが、直前に河村たかし市長が表敬訪問を受けた東京五輪ソフトボール日本代表選手の金メダルをかじり、延期していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン