/

この記事は会員限定です

ABホテル沓名社長「都市部の出店、手控え」郊外に集中

[有料会員限定]

宿泊特化型の施設を運営するABホテルの沓名一樹社長は日本経済新聞社の取材に「都市部の出店は今後控え、新型コロナウイルス禍でも客足の落ち込みが小さかった郊外型戦略を貫く」との方針を示した。工場が多い地域を中心に出店しており、他のチェーンより客室稼働率は底堅さが目立つ。一方でリモート会議が定着して事務系の出張需要は減るとみている。

ABホテルは愛知県安城市が本社で、東海地方を中心に32のビジネスホテル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り808文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン