名古屋タクシー値上げ、人手不足も「夜の街は客数半分」 - 日本経済新聞
/

名古屋タクシー値上げ、人手不足も「夜の街は客数半分」

愛知県西部のタクシーが5日、約5年ぶりに値上げする。新型コロナウイルスの流行で落ち込んだ乗客数が回復しつつあるが、コロナ禍で運転手の退職が相次いだ。人手不足が目立っておりタクシー会社では値上げ分を運転手の待遇改善や、IT(情報技術)化にあてる考え。ただ大手によると名古屋の繁華街・栄では「夜の乗客数が以前の半分ほど」という。

名古屋市や瀬戸市、尾張旭市といった12市4町1村のタクシー会社のうち9割以上が値上げを申請し、中部運輸局が認めた。①初乗り運賃が450円から500円に上昇②初乗り距離は1031メートルから1011メートルに短縮③加算運賃は231メートルごとに80円から、232メートルごとに90円となる。

名古屋周辺のタクシー最大手、つばめ自動車(名古屋市)は、人件費アップを値上げの理由に挙げる。

コロナ禍で収入の落ち込みや感染を避けようと、退職した高齢のドライバーが多い。ただ天野清美社長によると「一般的にタクシー1台につき少なくとも運転手2人を確保できないと稼働率を保てない」。タクシーやトラックの運転手の時間外労働を抑える法改正に対応すると人手が足りなくなる「2024年問題」も控える。値上げ分の大半はドライバーの給与に充てるという。天野社長は経営について「政府が相次ぎタクシー値上げを認めた第1次石油ショック時に並ぶ危機的な状況」と理解を求める。

タクシー運転手はもともと高齢者が多く、名古屋エムケイ(名古屋市)では若手を採用するため賃金を上げざるを得ないという。外出を再開する人が増えており「昼や夕方の利用者はかなり回復したが、ドライバーが足りずパンク状態」(神谷文武社長)と訴える。

帝国データバンクの景気動向調査によると、タクシー事業者の正社員の雇用過不足DI(景気動向指数)は20年の新型コロナ禍以降、上昇傾向だ。雇用過不足DIは数字が大きいほど不足が強いことを示し、22年10月は正社員で85.1と過不足のない状態の50を大きく超える。

中部運輸局の調べでは、愛知県ではタクシーの乗客数が20年度に2977万人と前の年度より41%減っていた。タクシー会社は売り上げの大きな変動に悩まされている。

さらに名鉄タクシーでは燃料の高騰やIT投資も負担になっている。19年にQRコード決済を始め、21年には車内に無料Wi-Fi(ワイファイ)も取り入れた。

タクシーの値上げは全国に広がっており、東京都23区や同西部の武蔵野市、三鷹市などでは11月、15年ぶりに値上げされた。京都市を中心とする京都府南部でも11月、値上げ申請が相次いだ。

ただ乗客の動きは日中と夜とでは様子が違うようだ。名古屋エムケイが繁華街・栄に設けている夜間専用乗り場の乗客数はコロナ禍前の5割ほどという。市内のあるタクシー運転手は「終電を超えた時間までの酒席が減り、一番の稼ぎだった深夜料金での長距離輸送が減った」と指摘する。

タクシー会社の多くは資産である車を24時間動かすことで効率を高めてきた。交通政策に詳しい名古屋大学の加藤博和教授は「今は変革の時期。需要が大きく変化し、従来の勘や経験は通用しなくなった。データ活用によってニーズを把握しサービス提供することが必要。高齢化に対応するため、乗り合いによって低料金で移動できる手段も求められる」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

値上げラッシュ

原材料価格や物流費の高騰を受け、食品・サービスなど幅広い分野で値上げの動きが広がっています。最新の記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません