/

この記事は会員限定です

10社に1社が上場来高値、節約・巣ごもり・半導体が活況

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍での世界的な金融緩和や大規模財政出動、ワクチン開発への期待を材料に2020年の日経平均株価は13.5%上昇し、バブル経済崩壊後の高値を付けた。中部では全体の1割強にあたる31社が上場来高値を更新。株価騰落率を見ると、節約志向や巣ごもりの需要を取り込んだ企業や、テレワークで需要が伸びる半導体関連の躍進が目立った。

愛知、岐阜、三重県に本社を置く中部企業274社の株価騰落率を昨年末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン