/

この記事は会員限定です

20億円投資工場を閉鎖 MSJ再開、技術者つなぎ留めカギ

暗中模索・航空機サプライヤー㊦

[有料会員限定]

愛知県営名古屋空港近くにある三菱重工業の格納庫。エンジン部分などに異物混入を防ぐカバーがかけられた「三菱スペースジェット」(MSJ)の試験機4機がひっそりと眠る。

売上高の2割を投入、果敢な経営が裏目に

納入遅れの原因となった配線の設計変更を反映し、コロナ禍がなければ米国で試験飛行しているはずだった。事業凍結で計画は白紙になった。「我々の汗水が染み込んだ機体。死ぬまでに舞う姿を見られれば」。製造を支えたサプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン