/

この記事は会員限定です

新素材や技術転用で「脱航空」 3割減収跳ね返す

暗中模索・航空機サプライヤー㊤

[有料会員限定]

航空機部品の製造・設計に関わる中部企業がもがいている。新型コロナウイルス禍で航空機需要は蒸発。国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット」の事業化凍結も痛手となり、「脱航空」を迫られている。長期にわたる航空機産業の低空飛行は避けられないなか、航空機サプライヤーの視界は開けるか。

「挑戦しなければいまを乗り越えられない」。1947年創業の老舗、今井航空機器工業(岐阜県各務原市)の今井哲夫社長は真剣...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2298文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン