/

この記事は会員限定です

大同特殊鋼の22年3月期、4年ぶり純利益最高 需要回復で

[有料会員限定]

大同特殊鋼が28日発表した2022年3月期の連結決算は、純利益が前の期比6.0倍の268億円だった。4年ぶりに最高を更新した。ステンレス鋼といった好採算品の販売が半導体製造装置や自動車向けで伸びた。新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた自動車向け特殊鋼の需要も回復した。

売上高は28%増の5296億円だった。営業利益は3.7倍の369億円で、うちステンレス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン