/

この記事は会員限定です

JR東海の金子社長「リニア27年度開業、困難変わらず」

[有料会員限定]

JR東海は27日、リニア中央新幹線の東京・品川―名古屋間の総工費がこれまでの想定から1兆5000億円増えて7兆円になる見通しを発表した。工事が想定以上に複雑となっており地震への対策にも力を入れる。記者会見でのやり取りは次の通り。

――工事費が増える理由を教えてください。

宇野護副社長「品川駅と名古屋駅で想定以上に地盤が複雑だった。安全に工事を進められるように薬剤を注入するなど対応が必要となる。地下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン