/

この記事は会員限定です

愛知県、ワクチン「まず大病院」 医療従事者23万人から

[有料会員限定]

中部の自治体が新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた準備を急いでいる。愛知県は27日、ワクチン接種の専門部署を設立した。2月にもコロナ患者の受け入れ医療機関71病院を中心に23万人いるとされる医療従事者向けに接種が始まる見通し。3月下旬以降、高齢者向けに体育館などで接種が始まる。岐阜、三重も専門部署を設立。住民へのワクチン接種を円滑に進め、コロナの終息につなげる考えだ。

大村秀章知事は27日の記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン