/

トヨタ・パナの住宅会社、ビットキーに出資 独自開発も

トヨタ自動車パナソニックの共同出資会社で戸建て住宅事業を手掛けるプライムライフテクノロジーズ(PLT、東京・港)は27日、鍵システム開発のビットキー(東京・中央)に出資すると発表した。出資額は非公表。業務提携も結び、スマートフォン向けアプリなどを活用した住宅サービスプラットフォームの共同開発を進める。

ビットキーはスマホで自宅の施錠やIoT家電の操作ができるサービス「homehub」を提供している。利用者と事業者をつなぐネットワーク基盤で、宅配や家事代行サービスなど他社の提供するサービスと連携することが可能だ。

主にマンション向けに提供しているが、PLTと協力して戸建て向けの独自のプラットフォームの開発を目指す。PLTが2021年度以降に発売する新規大型分譲地に導入する計画で、家の修繕やリフォームも手掛けられるようにする方針だ。

PLTはトヨタ自動車とパナソニックの住宅部門を統合した会社で、トヨタホーム、パナソニックホームズ、ミサワホームを傘下に抱える。20年度は新築戸建てとマンションを含み約2万2千戸を販売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン