/

この記事は会員限定です

中日本高速、20年通行量が11年ぶり低水準 12%減

[有料会員限定]

中日本高速道路(NEXCO中日本)は27日、2020年の1日あたりの通行台数が19年比12%減の175万台だったと明らかにした。09年の169万台以来、11年ぶりの低水準となった。新型コロナウイルス下で旅行や帰省を自粛する動きが広がり、物流網も滞った影響を受けた。

同社は東名高速道路や中央自動車道を運営する。月次でみると前回の緊急事態宣言時の5月が123万台と最少で、前年同月に比べ38%減った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン