/

中部電、3次元映像技術などを紹介 28日から展示会

中部電力は28~29日まで自社の最新技術を紹介する「テクノフェア2021」を技術開発本部(名古屋市)で開く。3次元の映像を使って離れた場所にいる人とコミュニケーションできる技術や人工知能(AI)を活用した火災の早期発見システムなどを紹介する。

新型コロナウイルスの感染対策として実物を展示するフェアは事前予約制で、既に募集を終了している。中部電のホームページではウェブ展示会を12月24日まで開き、AIや再生可能エネルギーなどに関する技術や取り組みを紹介する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン