/

トヨタやスズキなど5社、つながる車の通信技術を共通に

トヨタ自動車スズキ、SUBARU(スバル)など5社は27日、コネクテッドカー(つながる車)向けシステムの共同開発で合意したと発表した。通信網を通じて自動車とデータを処理・蓄積するサーバーをつなぐ車載通信機の技術仕様を共同で開発する。提携関係にあるメーカーで技術者や設備を持ち寄り、コネクテッド分野の開発を急ぐ。

共同開発するのはトヨタ、スズキ、スバル、マツダ、ダイハツ工業の5社。コネクテッド分野は情報処理や通信の技術進展がはやい。各社は通信機器の仕様など通信技術の一部は独自で取り組むより、協力して開発するほうが効率的だと判断した。

利用者とコールセンターのオペレーターとの通話品質を高めたり、車とサーバーの接続スピードを速めたりできる次世代コネクテッドシステムの開発効率を高める。一方で、車内で利用者が何ができるかといったサービス内容に直結する車両システムやデータ処理・蓄積のためのサーバー基盤については各社が個別に開発。各社が他社とのサービスの違いを打ち出せるようにする。

すでにトヨタはスズキやスバル、マツダと資本・業務提携関係にある。ダイハツは完全子会社だ。コネクテッドを含む次世代技術「CASE」分野で、協業できる「協調分野」と各社の個性となる「競争領域」を明確にして、産業の変革期を乗り切る構えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン