/

愛知銀、ダイワテックの環境評価私募債の式典

愛知銀行は27日、ダイワテック(名古屋市)の発行した私募債が外部の環境評価で最上位になったことを表彰する式典を本店で開いた。「サステナビリティボンド」と呼ぶ金融商品で、日本格付研究所から環境面と社会面のふたつで最高の評価を得た。

私募債の発行日は昨年12月25日、発行額は5000万円。ダイワテックは調達した資金を太陽光発電と蓄電池を搭載したソーラーシステムハウスの建設に充てる。同ハウスは離島の工事現場などで使われ、電源の必要がないのが特徴。二酸化炭素(CO2)を排出しない点などが評価された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン