/

この記事は会員限定です

名古屋中心部で生鮮専門店続々、都心回帰で空白地に商機

[有料会員限定]

名古屋の都心部で青果や精肉、鮮魚を扱う専門小売店の新規開業が増えている。鮮魚卸の寿商店(名古屋市)は4月、繁華街・栄に初の鮮魚店を出すほか、スーパーのバローホールディングス(HD)は錦に肉や魚を扱う専門店を出す。都心部は高層マンションの建設で人口流入が続く一方、生鮮品を買える食品スーパーは少なく商機とみる。

寿商店は13日、栄の地下街「セントラルパーク」で鮮魚店「下の一色魚市場」の開業前イベント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン