/

松坂屋の外商「日本一」掲げ復活 ナゴヤ富裕層の消費力

LBSローカルビジネスサテライト

百貨店には"お得意様"、いわゆる富裕層を相手にサービスを提供する専門部隊「外商」が存在する。外商の業務は自宅への訪問販売だけでなく、高級車といった店頭に並ばない商品の紹介まで手がける。プロのご用聞きである外商で売り上げを伸ばすのが松坂屋名古屋店だ。2021年度の売上高1040億円の半分近くを外商が稼ぎ出した同店の外商販売員に密着した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン