/

この記事は会員限定です

柿安本店、21年度の外食店閉店上乗せ 全店の4割対象に

[有料会員限定]

柿安本店は外食店の閉鎖を急ぐ。主力の精肉や総菜の販売店は採算を確保しているが、飲食店は新型コロナウイルスが流行して集客力が落ちている。2021年2月末時点で合計39あった店舗のうち、4割弱にあたる14店を22年2月末までに閉鎖する。4月時点では8店を閉める計画だったが、閉鎖対象店を上乗せする。23年2月期にはビュッフェ店から撤退する。

外食店への営業自粛の要請は中部3県や東京都内で緩和されたが「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン