/

JR東海、「のぞみ」にテレワーク車両 無線通信容量2倍

JR東海は26日、10月1日から東海道新幹線の最速列車「のぞみ」の1編成あたり1車両をテレワーク専用にすると発表した。無料の無線通信の容量を2倍にして利用時間の制限をなくす。充電器などの貸し出しにも応じる。追加料金はかからない。会員制の新幹線インターネット予約サービスを通して9月1日から予約を受け付ける。

テレワーク車両は「のぞみ」の7号車に導入する。東海道新幹線と山陽新幹線の区間が対象になる。ネット予約「EXサービス」の専用商品として販売し、値段は通常の普通車指定席と同じにする。

のぞみの新型車両「N700S」に限り、パソコン画面ののぞき見を防ぐついたてやUSB充電器、小型マウスなどを無料で貸し出す。無料の無線通信の容量を増やすのも新型車両が対象になる。通信は暗号化し、ビジネス利用者の安心感を高める。従来型車両はこうしたサービスの対象外だが、テレワーク車両なら家族客らを気にせずに仕事に集中できる。

26日の記者会見で金子慎社長は「時間や場所を選ばない働き方が広がっており、新幹線も対応を進めていく」と話した。

2022年春以降に順次、のぞみの新型車両を対象に7号車と8号車の間にある喫煙スペースを打ち合わせなどに利用する「ビジネスブース」に改装する。21年12月には東京駅や名古屋駅などの構内に個室ブースを設け、会員向けに有料で貸し出しを始める予定だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン