/

この記事は会員限定です

脱「迷駅」へ 市が名駅西口の改良案、交流しやすく

[有料会員限定]

名古屋市は24日、リニア中央新幹線駅の開業が予定される2027年度に完成を目指すJR名古屋駅西口(太閤通口)の改良工事のデザイン案を公表した。複雑で迷いやすく「迷駅」と皮肉られる名駅。西口ではその後、商業ビル2棟も予定され、東側では名古屋鉄道が駅を再開発するが、いずれも詳細は未定。全体像が見えないまま21年度中に工事が動き出す。

西口はまずバスやタクシー乗り場を南北に分けて、真ん中にイベントスペースや、幅を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン