/

この記事は会員限定です

トヨタ労組、ベア重視から脱却 グループ各社にも配慮

[有料会員限定]

トヨタ自動車労働組合が、賃金を一律的に底上げするベースアップ(ベア)を重視する議論の方針を転換し、定期昇給や手当も含めた賃上げ総額に重きを置く姿勢を鮮明にしている。ベアの有無を明らかにしないことで、トヨタグループ各社の労組がトヨタ労組の動向をもとに要求を組み立てる現状を改める。ベアを求めるグループ各社の労組の交渉にも配慮し、それぞれの賃金課題の解決により力を入れてもらうよう促す。

トヨタ労組は26日、組合員に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン