/

リニア工事の大井川減水、ダム取水抑え確保 JR東海新案

(更新)

静岡県は26日、リニア中央新幹線の静岡工区未着工問題で大井川の水量減少を議論する検討会議を県庁で開いた。JR東海は工事中に静岡県から流れ出る大井川の水量を確保する新たな工事案を提出した。一つは東京電力と調整し工事期間中、近くのダムの取水を抑え大井川の水量を確保する。もう一つは流出する水量を計測し一部工事後に山梨県側から供給する。

南アルプスの地下を通る静岡工区ではトンネル工事に伴い、大井川の水が流出し下流の農業、工業や生活に必要な水に影響が出ると静岡県が懸念している。JR東海はトンネル工事に合わせ貯水設備を設け、ポンプで大井川に水を戻す計画だ。ただ戻す水を通すトンネルができるのに約10カ月かかり、この間の水をどうやって確保するか今回の案をまとめた。

ダムの取水を抑える案は、東京電力が大井川の水を水力発電に使っている田代ダムが対象。リニア工事に伴って流出する水と同じ量だけ、田代ダムの水の利用を抑えてもらう。下流への水量を減らさず地域の影響も小さいという。一方の案は、流出した水量を一部の工事後に大井川に戻す計画で、水質処理も必要になる。

難波喬司副知事は会議後、記者団に「新しく提案されたことは受け止めこれから検討していく」と語った。田代ダムの活用は「案として十分ありうる」としつつ「現実性があるかは別問題なので話を深めていかなくてはならない」と指摘した。

静岡工区を巡っては、国土交通省の有識者会議が2021年12月、水資源の影響に関する中間報告をまとめた。大井川の中下流域の水量変化について、工事で発生する水をすべて河川に戻すことで流量は維持されるとした。県とJR東海による水に関する検討会議は中間報告が出て初開催で、工事中に流出する水を戻す案が提示された。

県がただちに着工を認めない方針は変わらない。トンネル工事による生態系などへの影響についても議論が必要だと主張しており、JR東海が目指す27年開業の延期は避けられない見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン