/

この記事は会員限定です

大規模漏水1カ月 愛知の工業用水、改修費7年連続増

[有料会員限定]

愛知県を流れる矢作川の取水施設で起きた大規模な漏水事故が発表され1カ月がたった。一時供給がストップした工業用水は今も利用を抑えるよう求められている。愛知県の工業用水の使用量は全国2位。県は2022年度の建設・改修費の予算を95億円として7年連続で増やすが、自動車をはじめ地域の産業を守るためのメンテナンスが追い付いていない。

事故が起きた明治用水頭首工がある豊田市。実は15年から工業用水の幹線パイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン