/

この記事は会員限定です

新生アイシン、CASE対応を加速 社長に吉田氏

[有料会員限定]

アイシン精機は、電動化や自動運転といった「CASE」と呼ばれる技術革新への対応を加速する。4月1日に予定する子会社アイシン・エィ・ダブリュ(AW)との経営統合で発足する新会社アイシンの社長に、豊田中央研究所の吉田守孝会長(63)が6月に就任する。伊勢清貴社長(65)が敷いたCASEへの変革路線を推し進める。

「今までの主力の自動変速機(AT)はいずれはなくなると1番危機感を持っている」。伊勢社長は1月のインタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン