/

この記事は会員限定です

名鉄の高崎社長、不動産子会社の売上高「5~10年で2倍」

[有料会員限定]

名古屋鉄道の高崎裕樹社長は日本経済新聞の取材で、不動産のグループ再編で2022年4月に設立する子会社、名鉄都市開発の売上高を「5~10年で2倍にする」と語った。名鉄本体の不動産部門を統合して事業を多角化し、顧客層を広げる。グループの戦略投資の資金を集めて中部地域で最大級のデベロッパーを目指す。

不動産子会社の名鉄不動産に、商業施設や賃貸オフィスを手掛ける本体の不動産部門を統合して社名を名鉄都市開発に変える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン