/

中部電が植物工場、静岡でレタス1日10トン生産

中部電力は25日、植物工場運営のスプレッド(京都市)と組んで植物工場に参入すると発表した。新会社を7月にも立ち上げ、静岡県袋井市に工場を建設する。2024年から1日あたり10トンのレタスを生産する。

新会社「ツナグコミュニティファーム」(名古屋市)には中部電が51%、不動産子会社の日本エスコンが48%、スプレッドが1%を出資する。出資額は非公表。工場は日本エスコンの所有地で10月に着工、中部電のエネルギー管理のノウハウやスプレッドの栽培技術を生かし、まずは人工光だけでレタスを栽培する。生産能力は「世界最大規模になる」(林欣吾社長)という。

林社長は25日の記者会見で「工場生産のレタスの市場は年20%程度で広がるとの研究機関の想定がある」と指摘。その上で「レタスは一玉100円ほどだが、それよりも安い価格でも採算がとれるようにする」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン