/

名古屋栄東急REIホテル、22年3月で閉鎖 コロナで客足減

東急ホテルズは25日、名古屋市中心部にある名古屋栄東急REIホテルの営業を2022年3月末で終えると発表した。新型コロナウイルス禍で激減した国内外の観光客の回復が見込めないうえ、1984年の開業から設備の経年変化も目立っていた。建物の賃貸借契約が満了するのに合わせホテルを閉める。

名古屋栄東急REIホテル

地上14階地下1階建てで、客室は297室。名古屋市中心部の市営地下鉄栄駅と伏見駅のほぼ中間に位置する。レストランや宴会場を兼ね備え、コロナ前の稼働率は75%前後だった。直近3月の稼働率は30%ほどという。従業員45人は個別に面談して再配置などを検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン