/

カーレース主催社、トヨタやホンダと脱炭素車を開発へ

自動車レース「全日本スーパーフォーミュラ選手権」を主催する日本レースプロモーションは25日、トヨタ自動車ホンダの2社と組み、共同で温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現に向けた技術を開発すると発表した。2022年から二酸化炭素(CO2)と水素の合成液体燃料「イーフューエル」や植物由来の素材を使う車両開発に着手する。

スーパーフォーミュラは、タイヤがむき出しで屋根がない専用車でスピードを競うレース。これまでもトヨタとホンダでレース専用車のエンジンを提供してきた。

日本レースプロモーションの中嶋悟会長は「モータースポーツを未来の子どもたちの憧れとして残していくためのチャレンジだ」とコメントした。ほかにも、オンラインでレースを楽しめる視聴システムも提供し、ファンの裾野を広げる考えも明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン